このサイトについて

スポンサーリンク

老年期の魂のおっさんが
いろいろ考えてしまうことを
まとめておくブログです。

Guide for Old Souls

お久しぶりです。59zozyです。

ここを見てるということは、きっと魂の兄弟ですね。
元気に苦しんでる?w
ボクも楽しく苦しんでますよ!

さて、

周りの人には、あまり理解されないことが多いので、吐き出したい!

哲学、仏教、心理学、脳科学、スピリチュアル、など

いろいろな気づきを書き留めているブログです。

どうも自分は老年期の魂っぽいので、
他の若い魂の人たちにはピンとこない話が多いかもしれません。
地球を卒業間近な、私のようにダラダラした人には響くかもしれません(笑)

何度も何度も読んで下さい。
読むたびに新しい気づきがあります。
覚醒に必要な情報はほとんど入ってる気がします。
(だからもうあまり更新してないw)
大丈夫。
我々は既に完璧だから。

*************************************************

自分の心地いいストーリーを採用してください

あなたの心に響く考え方、方法を採用してください。【自灯明】
あなたの人生のストーリーは自分で決められる。

人問の意識の発達には段階があって、

それぞれの段階に応じて違う情報が必要なので、

一見すると互いに矛盾する教えが存在しています。

あなたの心に響く教えを「利用」して下さい。

教えは道具であり、ーつのストーリーにしかすぎません。

中野真作

人と意見が食い違ったら、
自分が正しくても、
「相手が正しい」ということにして、
自分がスッとよければいいだけなんです。

「いや~、いいこと聞いた、いいこと聞いた」
とかいって、

別の場所で、また自分の意見をいってればいい(笑)

【斎藤一人】

それを見て元気になったなら、
それはすべて正しい情報☆

情報が正しいか間違ってるか、とか
ソースはどこなのか、とか
誰が書いた文章なのか、とか
そういうことは二の次。

“元気になった!”という事実が
何よりの真実。

どんなに小さな情報でも
元気の源を見つけましょ♪

メリークリスマス

マインドフルネスヨガ Sakiko
@Sakikoloveall33

<仏教>

自分は高校生のころ、親の持っていた書籍から仏教(法華経)をざっくりと学びました。

かなり衝撃を受けました。自分は生きていていいんだな、と思えたのです。思春期にそんな体験をしているので、思考、哲学、何かを考えるベースには仏教思想があると思います。

仏教にもいろいろ宗派がありますし、なんやかんやと喧々諤々ですが、そういうのはどうでもよくて、とにかく謎の答えが知りたい。相談者の心を軽くし、また一歩を踏み出す勇気を与えたい。そのためにもこの宇宙のしくみというか、全体像を把握したいのです。たぶん。

<アドラー心理学>

また最近はアドラー心理学やカウンセリング等も独学で勉強中。友達から相談されたら、良い聞き役になろうとか、励まそうとか、いろいろやっていたことが、とても近い形で整理して書いてあるので、すっと入ってきます。素人ながら、傾聴や勇気づけについては臨床経験があるといえるかなと思います。

自分の考えの土台となる仏教的世界観、そしてマイケル先輩のアドバイス「魂のチャート」の世界観、そしてアドラーの個人心理学、これらのぐっとくる考え方が繋がり合ってみえてきたので、なにかおもしろそうです。ふんわり考えているだけだと忘れてしまうので文章化することにしました。

だれかと議論を深められればいいのですが、共感する人がいないものなので、独り語りするためにこのブログに記します。うふふ。

<スピリチュアル>

「魂のチャート」という書籍の内容から、自分が「老年期の魂」であるのではないかと仮定したときに、様々なドットがラインでつながったように、胸のつかえがとれて、人生苦がありながらも穏やかんになりました。

自分の考えや感覚はある程度まではわかってもらえるのですが、その本質はほとんど共感されません(笑)でしたが、ソウルエイジによって理解深度がちがうと聞いて安心しました。

最近やっと「バシャール」という宇宙存在からのメッセージというものに出会いまして、これはすごくおもしろいですね。量子力学から魂やパラレルワールドやら、なんかまた違った視点で、すべてを串刺しで捉え直す機会となっています。

<津留晃一>

これが探していた答えでした。

津留晃一さんの話が答えです。

以上。
とそのまま終わりでいいくらい(笑)

ブログを書く意味が変わってきたかも。(2017.9)

********************************************************

※ネットで見つけた資料なども資料にしているので、削除希望されたら削除します。

スポンサーリンク

フォローする