SNSフォローボタン

フォローする

【資料】津留晃一 幸せテクニック講座 vol02 「自己救済」

津留晃一 幸せテクニック講座 vol.02

【アネモネ誌 平成10年11月号掲載より】

今回のテーマは自己救済です。

■テクニックその2:
「私はもう人は救わない、自分を救う」

「私はもう人は救わない、自分を救う」


是非この言葉を反復してください。

次回まで出来るだけ多く
この言葉を繰り返し唱和してみてください。

このフレーズが鼻歌で出てくるようになるまで
やってみてください。

毎日何十回となく、
自分のために声を出して、
耳から潜在意識へ入れてやってください。

あなたの内なるロボットが
この考えを自動操縦し始めるまで。


「ちょっと、そうじゃないだろ」

と、相手に意見を言いたくなった瞬間
是非このフレーズを思い出してください。

相手を正そうとしている自分に気づいてください。

それは他人救済ですから。

「あっ、かわいそうに」
と思ったときはチャンスです。
その人を助けようとする前に、もしくはその後に

「私はどうしてそう思うのだろうか?」

と、自分に質問をあげて下さい。


「私はどうしてこの映像を見ると
   かわいそうと感じるのだろうか」
と。

自分のハートに向けて質問をなげけます。
ですが どうか、、、

・それには答えないで下さい。

・答えがきたら台無しだと思って下さい。

答えが解ったら、
エゴは自己満足するからです。

答えが解ったからといって
体質が改善されるわけではありません。

貴方にかわいそうと感じさせる、
その源である貴方の内的エネルギーは
元のままです。

その内的エネルギーを抜き取ることこそが
根本的自己救済
です。

この役に立たない、貴方の内的エネルギー
「ブロック」と呼びます。


頭では解ったのに
相変わらず同じ事をやっている
というのはこのためです。

ですから

質問を発して、
・それには答えない
・答えを求めない

という態度が必要です。

答えを欲しがっているのはエゴだからです。
頭で理解すればするほど
エゴは肥大化してしまう
ものです。


第一回講座で話した

「意識を切り替えようとしても切り替えられない」

ということも
このブロックによって起きてきます。

このブロックを抜き取ってあげれば
出来るようになります。

瞑想をすることによって
人生が切り開かれていくように感じるのも、
このブロックが
瞑想の中で超意識にふれることによって、
溶かされていくからです。


病気で苦しんでいる人や、
けがで痛がっている人を見ると、
すぐに助けたくなります。

条件反射的に。

これを優しさだ思っている人が大勢います。

ですが真実を冷静に見てみると、

その映像を見ていることがつらくて
何とか見ないですむように手助けしています。

自分のハートを感じてみて下さい。

自分のハートの痛みから解放されたくて
病人やけが人を何とかしよう
とはしていませんか?


痛がっている人を見たら
自分の肉体が緊張する。

こんな自動的肉体の反応に気づいて下さい。

転んで血を出した子供を見たとき
「なにしてるのよ、気をつけなくちゃだめでしょ」
と、急にしかりたくなるとしたら、
あなたもそんな条件付けに汚染されています。

「だから言ったでしょ」
などと言いたくなったとしたら、
もう間違いありません。

あなたは条件付けされた犬と変わりません。


苦しんでいる人を見て、自分の肉体が緊張すること

を確認できたら、
あなたもパブロフの言った情感反射の犬と同じです。

すでに条件付けされています。

でもそのことさえ自分で気づければ、後は簡単です。

その条件付けを、解除してあげればいいだけのことですから。

この条件付けの鎖を断ち切ってしまいさえすれば、
あなたの反応は瞬間に変わります。

すでに左脳による理解を終えている人の場合、
イメージワークのテクニックで

3分から5分で、

この条件付けの鎖は切断することが出来ます。
簡単なものは、5秒で終わります。
ただやり方を知らないだけです。


条件付けのはずれた人間は、

・苦しんでいる人を見ても、楽しんでいる人を見ても、
 常に同じように対応が出来るようになります。

・どちらの場合にも
 その人の望むサポートが抵抗なく、できるようになります。
 苦痛に感じることもなく負担に感じることもなくです。

・貴方の渡したいものではなく、
 その人の欲しがっているものを、渡すことが出来るようになります。

リラックスした肉体が、ストレートに
 内なる大いなる私からのメッセーじを受け取り、
 神の意志に基づいた行動がとれるようになってきます。


犬に餌を与えるとき、
必ず鐘をチリンと鳴らして与えているうちに、
今度は鐘をチリンと鳴らしただけで
犬は口から唾液を出すようになります。

鐘をチリンと鳴らす度に、
頭をぽかりと殴られると言う動作を繰り返された人間は、
チリンと言う鐘の音を聞くと
体が自然に殴られないように反応を起こします。

そしてその鐘の音が、大嫌いと感じるようになります。

同じ鐘の音で、
その条件付けの違いによって、
鐘の音によって

・喜びを感じる犬と、
・苦痛を感じる人間と

が生まれます。

鐘の音という外的要因そのものには
どんな価値もありません。

その人に埋め込まれた条件付けによって、
それが良きものになったり
悪しきものになったりするわけです。


あなたの感じるあらゆる反応が、
このたとえと同様にして起きています。

私たちの外側で起きる出来事と、
私たちの肉体の中に起きる反応とは
本来つながっておりません

本来つながっていないものの間に、
条件付けによって、リンクを張ったおかげで
私たちは見える世界に反応するように
成長してきました。

そして今は

その条件付けを解除することによって
基なる神へと帰ろうとしております。

もうその体験を終えるときがきたからです。

ですから
その条件付けのはずし方がわかるようになって参りました。

これまでの歴史上明らかにされなかったことが
解るようになって参りました。

とても簡単なテクニックで。


○鐘の音に条件づけられた人間は、

・チリンという鐘の音を聞くと
 同時にストレスを感じるようになります。

・ですからチリンという音を立てた人間が
 憎く感じるようになってきます。

何でそんな音を出すんだよと思います。

・音を出す人を恨みに思います。

○ですが、音を出した人間には

・何でその人が怒っているのかさっぱり分かりません。

・理由もなく怒る相手を
 変なやつだと思うようになります。

・そんな色眼鏡で相手を見始めると、
 ますます変な風に見えてくるようになります。

◎こうして対立が始まります。

     ↓

◎その人間関係が苦しくなると、
 どうすれば仲良くなれるか必死で考え始めます。

     ↓

◎相手に気を使うようになります。

     ↓

◎自分を押さえて、相手の気に入るように振る舞い始めます。

     ↓

◎こうすることによって、波風をさけているだけの生活が始まります。

     ↓

◎自分を抑圧しているために、エネルギーが枯れてきます。

     ↓

◎もうこの人とは一緒にいられないと、感じるようになってきます。


私たちは多くのことに条件づけられています。

悪口を言われたらむっとする。

これも単なる条件付けです。

条件を外すことが出来れば、

・相手の言った言葉を、悪口と解釈しなくなります。

・条件付けされている状態では、嫌みに聞こえた言葉が、
 条件付けを解除した後には、
 その同じ言葉が優しい言葉としてさえ感じてしまいます。

・ですから貴方は
「あんなに嫌みだった人が、急に優しくなった」と驚きます。


怒っている人を見ると気分が悪くなる。

これも条件付けです。

ですが人はこのことを知りません。
ですから、
これを改善しようとすることはありません。

本来病気であるにもかかわらず、
治療しようとしないわけでです。

生卵を食べると蕁麻疹が出る。

こんな時人は病気だということを知っていますから、
何とか体質を改善しようとします。

そして体質を改善すると
生卵を食べても蕁麻疹が出なくなります。

怒っている人を見ると気分が悪くなるという病気
体質改善をしてあげれば治ります。

その原因となっている
 内的エネルギーを抜き取ってしまえば
 あっという間に直ります。ほんの5分でです。

・怒っている人を見て、
  そのまま怒らせてあげることが出来ます。

・「そんなに怒らないで」とうろたえなくなります。
 だって不快に感じないのですから。

・「そんなに怒るなよ」と心配しなくなります。

・「怒ってはだめ」と人をコントロールしなくなります。


人をコントロールするのはよくない
と、いくら自分に言い聞かせとしても、
この体質を改善してしまわない限り、
瞬時にコントロールしたくなります

怒っている人を見て反応しているのは、肉体だからです。

どんな言葉であれ、
耳に聞こえてくる言葉で、肉体が反応するもの
すべて改善することが出来ます。

・外から聞こえてくる言葉によって貴方は反応しなくなります。

・こうなると人の噂が気にならなくなります。

・人からの評価で、一喜一憂しなくなります。

・他人からどう思われるかと言うことが、全く気にならなくなります。
 人から言われる言葉と自分の感情がリンクしていないのですから。

・耳に聞こえてくる言葉によって
 幸せになったり、不幸になったり、しなくなるのです。

・怒っている人を見ても、苦しんでいる人を見ても、
 見えている状態と自分の幸不幸がリンクしなくなります。

いっさい外界からの影響を受けない人となります。

◎不動心を得ます。

◎宇宙のマスターとなります。

単に自分の内的エネルギーをお掃除するだけで。


外側に影響を受けなくなったらどうなると思いますか?

外の世界で起きていることと、
自分の感情がリンクしなくなったら・・・

・未来のことなどどうでもよくなります。

・ですから、不安が消えます。

これが幸せな状態です。
揺らぐことのない、絶対的幸せです。


幸せは手に入れようとすると逃げていきます。
もうご存じのはずですね。

幸せは自らの手で勝ち取るのだと、積極人間は前進します。
でも、もうそれがうまくいかないエネルギー環境の中にあります。
世界の状況を見ればすでにそれは明らかです。

もう目的を持つのは止めることです。

「ああなろう」、「こうなろう」
という思いを手放してみて下さい。

それは幸と不幸の2極の道です。

どんなものであれ目標を持つと、
そこに快と不快が生まれます。

知識を得ようとしないことです。

お金を得ようとしないことです。

技術を得ようとしないことです。

何かをやろうとしたら、そこに
うまくいくと、いかない
の二極が生まれます。

うまくいけばいくほど
ここで失敗したらどうしようという不安も大きくなります。

もうエゴに何かをさせようとしないで下さい。
エゴのしようとすることは絶対に旨くいきません。 

「じゃあ、いったいどうすればいいのよ」
と思えるようになってくればしめたものです。

それはエゴさんが聞く耳を持ってくれたということですから。

すかさずこう言ってあげて下さい!

「内的エネルギーのお掃除をしましょう」 と。

今貴方のすることはそれだけです。
そのために、今という時があります。
今は浄化の時です。

お祭りが終わったらどうしますか。
きっと誰でも公園の後かたづけをするでしょう。

地球三次元祭りは今終えようとしています。

まだ三次元祭りの楽しさを忘れられず、
はしゃぎ続けようとしている人達もいれば、

この記事の読者である皆様方のように
後かたづけを始めている人達もいます。


これでちょっと
みなさまの意識が、
幸せになろう とするところから、
お掃除をしてみよう という入り口に入りました。

そうなるとエゴは、はやり始めます。

「じゃあ、どうやってお掃除すればいいの」と。

「早く教えてよ、
これまでも思いを手放そうとしてきたのに
 そればうまくできなかったのよ」

エゴさんが思っていませんか?
そんな、はやるエゴさんに気づいて下さいね。

そこで立ち止まって、
ゆっくり深呼吸を三回して下さい。

焦るエゴさんを感じてあげます

そのはやる想いはどこからやってきていると思いますか?
その「あせる想い」として感じている源に、
もう役に立たなくなった内的エネルギーがあるわけです。


これまでのように

限られた時間の中で
最大効率を上げることを
良しとする価値観

の中では
そのエネルギーは役に立っていました。

ですが直線的時間の外へ飛び出そうとしている今、
貴方をせかせるそのエネルギー
もはや邪魔者です。

いつまでも体内に貯蔵し続ける必要はありません。

そう思えるなら
じっとそのはやる想いに意識を向けて下さい。

一人静かに座って ・・・・

■浄化法テクニックその1:

「この想いはどこからやってくるのだろうか」

疑問を発し、

          ↓

—————————————————

   それには答えない。

—————————————————

自分のハートに向けて質問をぶつけ
その質問に全神経を集中して下さい。

ただ質問に意識を向け続けて下さい。

決して答えようとしないで下さい。
頭で考えないで下さい。
頭で考えているうちは意識の光が原因に届きません。

ただ質問に集中していると・・・

・貴方はエネルギー使いとして
 その源となる内的エネルギーに浄化の光をそそぎ込みます。

・真の原因が解けていきます。

・そしてはやる心が消えていきます。

・光が届き始めたら三分から五分で消えていきます。


これが自己浄化法の一つです。

次回以降さらに詳しく書いていきます。

十分に納得するまではむやみにこのテクニックは使わないで下さい

せっかくの宇宙の叡智も、貴方の想いの力以上のものではありません。

あなたが何だこんなもの、きかないじゃないか

と思うようになったら

その想念を消すことは、至難の業となってしまいます。

是非慎重に使って下さい。

十分理解して使えば
それはそれは、強力なテクニックとなります。

私の目の前ではそれが奇跡のように起きています。

・人があっけなく変わっていきます。

・苦しみが消え、楽に楽になっていきます。

・「たったこれだけで、えっこんなに簡単だったの」と驚きます。

あせらずに、じっくりとじっくりと
この文を読み返してみて下さい。

宇宙の叡智を真の自己改革の武器とするために・・・。

【以アネモネ誌 平成10年11月号掲載より】


幸せテクニック講座 vol.01 「意識の焦点を合わせる」

幸せテクニック講座 vol.02 「自己救済」

幸せテクニック講座 vol.03 「今、ここ、この瞬間」

津留晃一さんの 本・冊子・講演会CD/DVD は、
こちら で、ご購入できます。

津留晃一公式サイト。 
http://tsurukoichi.com/products/

津留さんの商品の販売と、個人セッションや浄化ワークショップなどを行っています (集合人編集局)

注文フォームから冊数を送ると、メールで銀行振込先が送られてくるので入金してください。


スポンサーリンク