SNSフォローボタン

フォローする

【資料】「創造主へ」津留晃

VRゲームやったことある人はわかりやすいのかな。


「創造主へ」津留晃一

スポンサーリンク

意識の立体スクリーン

ある時あなたは夢を持ちました。

体験したい事を体験してみたいという夢でした。
そして体験の場としてのスペースを創造しました。

時空間(時間と空間)という意識の立体スクリーンを創り上げました。

それが今、あなたが宇宙としてとらえている空間です。

時空間という三次元立体スクリーンに、
無限遠点にいるあなたが
綿密に設計したシナリオを投射し始めました。

そしてあなたはそのホログラフィックな映像の世界を
のぞき込むための鑑賞装置として、
自分という意識を投影させる事のできる
高性能リモコン肉体を開発しました。

夢を立体スクリーンに投影

あなたは夢を描き、その夢を立体スクリーンに投影し始めました。

しかしそれだけでは単なる映像にすぎません。

その映像を観察するあなたがいて
初めてその映像は現実となります。

そして今やあなたは
その夢そのものに成りきっています。

夢を完成させ、
その夢の住人になるやいなや、
その夢の中でまた新たな夢を想像し、
新たな現実を創造していきました。

「夢を描き、夢を実現させ、その夢の中で夢を体験する」

ずっと、ずっと、今もそのパターンを
我々は際限なく繰り返し続けているわけです。

夢を持ち、その夢を実現させ、
夢の住人になろうと躍起になっているあなたは、
初めに大宇宙を創造し、
今もなお日常生活を創造し続けています。

あなたは夢の創造主であり、
その夢に自ら登場する事によって
現実を創造します。

自由を満喫する空間の中へ

マネーゲームを創造し、
マネーゲームのおもしろさをこれまで堪能し尽くしました。

「お金がないと暮らしていけない」
という意識がどんな社会を創造して行くのか、
人類はとうとうその結末を見届けようとしています。

この世は諸行無常、
全ての形あるものは壊れて行く運命にあります。

我々が精魂込めて、
築き上げてきたこの経済社会も、
その例外ではありません。

せっかく築き上げてきた
この不自由きわまりない経済システムも
残念ながら崩れ去る他はありません。

私たちはこれから不自由さの時代に終わりを告げ、
自由を満喫する空間の中へ放り込まれて行きます。

もう、もがいてもどうにもなりません。

これからは自由を味わう以外にはないのです。

全ての思いには作用があり、
そしてその反作用があります。

あなたがかつて真の自由空間で夢見た
「一度不自由さを思いっきり体験してみたい」
という願いによって創り上げてきたこの不自由空間も、
残念ながらあなたの出した思いの反作用として、
元の自由空間へと反転して行きます。

何人もこの流れに逆らうことはできません。

この現実を現実とする夢から覚めていきます。

味わってみたかった不自由という感覚

あなたはかつて夢を描きました。

「自分にはどうすることも出来ない」

そんな感覚を是非味わってみたい

というものでした。

真の自由さの中で、

自由であることの感覚そのものがないあなたにとって、

それは強烈な自由を求める叫びでした。

今、現に、この不自由世界に
どっぷりと身を浸している我々にとって、
この発想は納得がいかないかもしれませんが、
自分の本性そのものを感じたいと思ったわけです。

自分自身である自由さの感性を取り戻すには、
一度不自由さを体験しつくす以外にないと考えたわけです。

こうしてあなたは有限の宇宙を創造しました。
自らの本性として自分を感じるために
「思い通りにならない」という環境を創造しました。

あなたは思い通りに「思い通りにならない」環境を生み出し、
その環境の中へ自らのめり込んでいきました。

あなたは自分の夢を描き、
自らの夢の中に今、没頭しております。

創造主であることを思い出す

どうか今この瞬間、
自分こそが創造主であること
を思い出して下さい。

元々創造主であるあなたが創造主に戻るのは簡単です。

今あなたが触れている環境、
今あなたの目に映る全ての映像、
あなたの体験するあらゆる香りや感触、
その全てを生み出したのは自分である

という考え方を受け入れた人が創造主です。

この考えを受け入れたとたんに
覚醒が起こり始めます

新人類の意識です。

人間的ゲシュタルト

頑張って、努力して、
その結果として
神へと成長して行く
と考える人は、

きっとそのあまりに遠い道のりに、
自分を小さき者と誤解してしまって当然です。

そんな人間的ゲシュタルトを持っている限り、
創造主へ到るのはきっと不可能なことでしょう。

こんな人間的ゲシュタルトを持っている限り、
何か偉大なる者にすがらない限り
大変なことになると考えて当然です。

そこであなたは次に神を創造しました。

あなたが絶対に安心できる偉大な神を創り出しました。

ちっぽけなあなたを救ってもらうために・・・。

「神」とは人間の創造物です。

神を創ったのはあなたです。

夢が醒めてしまう前に

あなたの描き出した、この現実という夢は、
反作用という宇宙の摂理によってやがて醒めてしまいます。

せっかく創り上げたこの幻という現実の中で、もっと遊んで下さい。

夢が醒めてしまう前に・・・。

この「思い通りにならない」という夢の中だからこそ、
思いを叶えるという夢にチャレンジしてきたわけです。

だからこそ思いが叶うという事が喜びとなりました。

マネーゲームという夢

元々体験したいからはじめたあなたのこの宇宙です。

自分の創った宇宙の中で、
あなたに体験不可能なことなどあるはずがありません。

この宇宙が自分の創造物だという認識を得たあなたにとって、
もはや不可能なことはなくなります。

我々は今、マネーゲームという夢を描き、
その夢の中で夢中で遊んでいます。

それが自分が望んで描いた夢だったことを思い出して下さい。

その夢の中で「お金がないから困ってしまう」
という健忘症的発想は全く不要です。

「お金がないと生きていけない」というのは全くの誤解です。

自分で創造した夢そのものに騙されてしまっているのです。

自分の想像の結果である

あなたの描いた夢の中の登場人物
「どうすれば良いだろうか」
と意見を求めることに何の意味もありません。

「未来はこれからどうなるのでしょうか?
日本の行く末はどうなるのでしょう?
これからの経済はどうなるのでしょう?
そして社会は?
 人々の暮らしむきは?」

私達はこんな疑問を何の違和感もなく
長い間発し続けてきました。
そんな疑問を自分が創造した脇役に
尋ね続けてきたわけです。
自分の創った世界のことを
どうして人に尋ねるのでしょう。

この現実は自分の描いた夢である
という事を受け入れている人に、
未来に対する不安が起きてくるでしょうか? 

外に他人がいる、という幻想の世界から目覚めた人に、
もう不安という言葉の概念はありません。

もう一度言いますが、
我々が創造主に戻るのは簡単です。

この世界が、この環境が、この状態が、
自分の想像の結果であるという
単純な考え方を受け入れることです。

全能の自分に意識を向け続けて下さい

すぐに我々は人に尋ねたくなります。
「どうなっているのか、どうなって行くのか」と。

人に質問をするとは、
「私が創ったわけではない」
主張していることと同じです。

そんな
自己責任放棄的発言をしている自分
に気付いていて下さい。

無造作に、他人に向けて発する質問が、
声に出る前に気付いて下さい。

他人に質問を発する前に、
その質問が自分のどんな考え方から出てきたものであるのか
その源を見つめてみて下さい。

その質問によって
自分が何を得ようとしているのか

そしてまたその質問によって
分が何を失うのか
にも意識を巡らせてみて下さい。

もうあなたが創り上げた夢の世界
フォーカスするのではなく、

夢を見始めた真実の自分に焦点を当てて下さい。

今、ここで、
全てを知っている、
全能の自分
に意識を向け続けて下さい。

あなたの信じた事が世界となります

あなたが「大いなる我」に意識を向けた時間に比例して、
あなたのハイヤーセルフが、
あなたとの重合の度合いを深め、
現実が思い通りになってゆくことを実感するでしょう。

「この世界は自分の考え方の反映である」
という単純な思い込みに成功した人は、
もはや未来に対する不安という概念が、
その人の想念の中にとどまる事が出来なくなってきます。

あなたの信じた事が世界となります。
そんな自分ひとりしかいない宇宙の中で、
自由に発想し、あなたを体験して下さい。

もっともっと発想を自由にして下さい。

あなたの心の中で
許されない思いなど
無い
ということを思い出して下さい。

うまくいっていない」判断したとき

我々はよく「うまくいっていない」と判断します。

その結果、何かを変えようという思いが起こり、
思考し、行動していきます。

そして無意識的判断による自動ロボットに
なっていることには気付いていません。

ちょうど、一度肉体に覚えこませた運動神経が、
勝手に身体を自動操縦していくように。

うまくいっていない」判断したとき、
即座に思い出して下さい。

ここは私が体験したくて想像した夢の世界であることを。

するとどんな出来事であれ、
単にそれを体験しようという気になってきます。

「私は今、ここに居てこの出来事を体験しよう」
と思うようになってきます。

じたばたしなくなります。

「大変だ」という思いが出なくなります。

演ずる者から、観察する者へシフトしていきます。

そして今ある体験が、
自分にとって気に入らないものであるなら、
直ちに作り替えればいいだけのことです。

どんなことであれ、人に頼らないことです。

「この現実を生み出した自分の源は何であろうか」
と自分の内深くに入り原因を見つけ、
その源にある考え方を自分好みに書き換えるだけで
現実が変化していきます。

自分こそが創造する者であること
いつも意識し続けて下さい。

 


http://www1.ttcn.ne.jp/~turu/sub3.htm