SNSフォローボタン

フォローする

【資料】問題を完全に消す方法「思考のメカニズム」【津留晃一】

仏教で言う「端座して実相を思え」というサンゲと同じ方法論可と思いました。

明快です。


「思考のメカニズム」津留晃一

スポンサーリンク

思考のメカニズム

私達の魂には
初期挿入されたと考えられる
基本的欲求があります。

「源へ帰りたい」という
帰省本能とでも言えばよいでしょうか、
そんな根本欲求が埋め込まれているようです。

これを読まれている皆様方全員に
覚醒したいという思いがあるのではないでしょうか?

欲求が起こってきた時、
自我は基本的にいつも
同じ思考パターンをたどります。

自我は手段を考え出す

自我は目標を捉えるための準備即座に開始します。

どうすれば目的が遂げられるかと思考を開始します。

手段、方法論の検討を始めます。

あなたが欲求に意識をフォーカスしたとたん、
自我は自分の知識を総動員させて
ゴールへ到る最善の手段について
検討を開始するのです。

エゴは自分に出来るベストをつくし始めますが、
体験のない事に関してこの方法は効果を期待できません。

検討するための材料が自我の記憶にないからです。

そこであなたの自我は外側に向けて情報を求め始めます

情報を求めて必死になっている
自我の努力もわかってあげて下さい。

両方正しいという考え方

これまでの常識にない情報

情報を集め始めた自我にとって、
困った問題が起きてきます。

これまでのあなたの常識にかからない情報に手を焼きます。

どう整理して受け入れていけばいいのか戸惑います。

あなたの正しさが、
新しいなじめない情報をはじきますが、
これまで受け入れることのなかった、
なじめない情報を受け入れる事によって、
これまで使われることのなかった
あなたの頭脳の別の部分が、
活動できるようになってきます。

そして矛盾対立する情報がくると、
どちらが正しいのか選択しようとし始めます。

両方正しいという考え方
になじんでいないからです。

正しい情報なんかないのだ
という考え方を採用していると、
対立する両方の意見
素直に受け取れるようになってきます。

宇宙はひとつしかないという
これまでの固定した見方から、
人の数だけの宇宙があるという
認識を受け入れてみると、
人の数だけの対立する意見がどれも正しい
思えるようになってきます。

「解りたい」が「解らない」を創造する

私達にとって、知ることは心からの喜びです。

そして何かを深く理解できた時の喜びもまた
格別のものがあります。

ですから私達の自我は、
より深く理解しようと
いつも頭を忙しく働かせてきました。

この自我の「解りたい」という欲求があるために、
ちょっとしたはずみに
「解らない」という自然な思い
を誘発させてしまいます。

そして自ら発したその思いによって、
依然として解らないという現実を創造し続け、
覚醒が起こりません。

「理解しよう」と行為するとき、
人は言葉を分析し、分類し整理し蓄積します。

知識があなたを不自由にする

現代人はこうして知識を蓄え続けて、
もはや身動きできないほどになってきました。

人が土地を買い、家を建て、
家財を増やし続けてしまったらどうでしょう。

そんな人の引っ越しはとても
不自由なものとなってしまいます。

ため込みすぎた知識も、
もはやあなたを不自由にしつつあります。

次なる次元への引っ越しを困難ならしめているのは
今のあなたの正しさ、そして
信じ込まされてきた信念でしょう。

知ることはあなたを自由にします。

ですが二極的発想をする者にとって、
知識は新たなものを受け入れる際の
大きなブレーキとなることに気付いていて下さい。

あなたの知っていることが、
さらなる自由を妨げ始めます。

外側に真実があると信じた

内なるハイヤーセルフに
あなたが意識的にエネルギーを送り込むことによって、
理解は単純に起こってきますが、

二極的発想になれきった自我が、
何かを理解しようと行為するとき、
これまでの知識の分類に当てはまらないものを排斥
し始めます。

「それはおかしい」と・・・。

私達は、解らないことは単純に問いかける
という作業を通じて、頭を使うことなく、
自然なる理解へと必ず導かれていきます。

人が知識をため込み始めたのには訳があります。
外側に真実があると信じたからです。

私達が空間というものの中に
後から入り込んできたという
空間認識を信じたからです。

外側に真理があると思った私達は、
真理を求め、求め続けてきました。

そして私達は幸せになるはずでした。

もっと人々は諍うことなく仲良くできるはずでした。

「内と外の反転」が起こり始めた

しかしどうしてもこれまでのやり方ではうまくいかず、
どこかにほころびが見えるようになってきました。

追求すればするほど、ぼろが目立ち始めました。

「どうしてなのだ、こんなはずがない、一体これはどういうことだ」

と人類全体が意識を内側に向け始めました。

次なるコペルニクス的転換、
内と外の反転という
人類全体の大反転運動が起こり始めました。

陰が極まって陽となります。

ですから陰が極まるとは、
反転した陽に最も近い位置にあると言えるでしょう。

握一点開無限

極小に近づけば近づくほど、
それは無限大へ向かっているということです。

人々が外側に意識を向け、
拡張させ続けてきた自我意識は、
今にも地球環境を破壊させ、
人類を滅亡へと導いていくかに映っています。

無限大へ膨張していくかに見える我々の自我意識は、
いわば無限小化への一歩手前に過ぎないと言えるでしょう。

ですから何も心配することはありません。

肥大化していった我々の自我は
間もなく極小化してしまう寸前に到った
ともいえるわけです。

宇宙の自然摂理に基づいた
とても良好な進化過程を、
地球人類は真っ直ぐに、
ジャスト・オン・タイムにて
進行中であると言えるでしょう。

結果にフォーカスする

私達の自我は目標を遂げようとするとき、
手段に走るのだということをまず知って下さい。

結果を得ようとするとき、
結果にフォーカスするのではなく、
手段にフォーカスし始めます。

「どうすればうまく行くか」
と、方法を考え始めます。

ですからあなたの意識は
すぐにお金に向いてしまいます

目標にではなく、
まずその手段であるお金に
意識を向けてしまいます。

こうしてあなたは目的を取り逃がします

あなたはいつも思いによって目的を遂げています

あなたは否定的なことを目標にすることはありません。

ですから否定的なことには手段方法に意識をむけること
はありません。

それで否定的なことは即座に実現されていきます。

否定的な思いを出したことに気付いてさえいないからです。

否定的な想いを実現させている

私達はうかつにも

「しまった、失敗した」
「困ったなー」
「やられた」
「わからない」
「難しい」

という思いを簡単に発します。

こんな思いを出していながら、
ほとんどその事に気付いていません。

そして困ったことや、
よくわからない現実を
いともたやすく実現させてしまいます。

目的より「手段」を達成しようとしてしまう

肯定的な思いも、
欲しい結果があれば、
たんに欲しいという思いを
発してさえいればそれで叶う

にも関わらず、

自我はすぐに手段を講じ、
自分で何とかしようと考えます。

ですから宇宙は
あなたのお言いつけ通り、
手段としてのことは運んでいきますが、
なかなか目的は達成されません。

自我はあなたの忠実な部下として、
あなたの欲を達成したいがために猛烈に頑張りますが、
それは単に
あなたの欲の実現を遅らせているに過ぎません。

多くの方が

「私には本当にしたいことがわからない」

といって相談に来られますが、
私達は自分の役割を告げられたとき
即座に思考が動き始め

「ではそれを達成するにはどうすればいいだろうか」

と手段に意識が移っていきます。

目的にではなく、
手段方法に意識をフォーカスし始め、
目的への集中がそこなわれます。

「しなければならない」に変えてしまう

このようなわけで
あなたのハイヤーセルフは、
あなたに目標を与えないのです。

今のあなたにはそれがわからない方がいいからです。

今のあなたが目標を受け取ったとき、
あなたは即座にそのことを

「しなければならない」に変えてしまうでしょう。

「したいこと」
「ねばならないこと」に変わった瞬間から、
その事が苦痛な事へとシフトしてくることは
すでにご存じの通りです。

あなたの考える手段や方法は、
実現を妨げる最大の要素
であることを知って下さい。

あなたは単に思いによって現実を創れるのだ
という単純な真実を思い出して下さい。

達成に思考は必要ない

あなたが何かを達成するのに、
どんな思考も必要ありません。

あなたが思いを叶えるのに、
頭は必要ないのです。

あなたの思考は
エネルギーの方向づけ
にだけ使って下さい。

思考はゲームを楽しむには役に立ちますが、
目的達成にはとても不向きです。

欲しいものを手に入れたければ
思考は使わないことです。

正しいものではなく、心地よいものを

思考の基本機能は、
比較判断することです。

すなわち
正しいものを発見していくのに役立ちます。

正しいものを選び取っていくためには、
正しい価値観が必要となります。

私達ライトワーカーはこの時代、
古い価値体系を崩壊させることを目的として
今、この地球にいることを思い出して下さい。

自分を信頼し、

正しいものを ではなく、

自分にとって心地よいものだけを 

選び取って下さい。

覚醒知識は必要ない

知識は確かにあなたに喜びを与え、
強さを与えてくれますが、
強さは頑固さを造り
柔軟性を欠かせることにも
気付いていて下さい。

あなたの真の目的である覚醒
知識は必要ありません

覚醒するとは
元々あなたの内側に
今いる
完全な自分に目覚める
ということです。

今そこに、
あなたの内側に、
全てを知っている偉大なる人が
存在しています。

自我の成長」こそ喜びの源泉である
という事実に気付きつつも、
覚醒と成長とは全く別のものである
ということも知っていて下さい。

覚醒とは内と外の意識の反転によって起る

覚醒とは
エネルギー作用によって起こります。
学んだから起こるというわけではありません。

内なるハイヤーセルフと
自我意識との反転
に向けて、
今も絶え間なくあなたに
新たな問題が提起され続けていることでしょう。

覚醒とは内と外の意識の反転によって起こります。

あなたにやって来る問題を
外に向かって解決しようと試みるのは、
今この時期においてはとても無駄な事です。

問題が起こらなくなる方法

問題こそ、あなたの意識を内に向かわせてくれる
大いなる愛であることを思いだして下さい。

欲しくない現実を渡された時、
即座にその不快感の中で静かに座り

「この現実を招き寄せた
 私の源にある考え方はなんでしょうか」

と問いかけてください。

この時、頭を使わないで下さい

頭が動き始めたら
即座にまた同じ質問を繰り返し、
質問そのものに意識を集中して下さい。

この時、一貫して自分のハートを感じていて下さい。

集中がとぎれそうになったときも
同じ質問をハートに向けて発して下さい。

5分から10分でその問題は消え去り、
あなたのハートは喜びを感じ始めていることでしょう。

そうしたら、もうあなたには
その種の同じ問題は決して起こらなくなります

あなたがあなたの欲しくない現実に意識を向け、
内面深くに問いかけている瞬間瞬間は、

まさにあなたが

恐れと真正面から対決している姿であり、
あなたの奥底に沈んでいる恐れ
消え去っていく瞬間であるわけです。

あなたは内面の恐れの解消に比例して、
あなたのハイヤーセルフとのつながりを
回復していることに気付かれるでしょう。

潜在意識と顕在意識を隔てる壁が稀薄となり、
意識の全開を近づけます。 

もう一度いいます。

成長と覚醒は別の次元のものです。

知識の蓄積成長にはとても役立ちます。

今を暮らすには知識はとても便利です。
あなたの家財道具が多ければ多いほど
今の暮らしに便利なように。

ですがあなたの家財道具が多ければ多いほど
引っ越しの時には大変不利になるでしょう。

あなたの知識も、
これから五次元世界へ引っ越すには
とても邪魔になるわけです。

あなたが覚醒するのに知識は必要ではありません。

ですから自我が理解する必要はないのです。

知りたい、解りたい、という

自我の欲望を満たすことと、

覚醒とは別のものだということ

をどうぞ知って下さい。

今この引っ越しの時、

知りたい、解りたいという要求を

全てあなたの内側に向け解ろうとする努力を手放し

深く深く自分のハートに意識を注ぎ続けて下さい。

覚醒の道はとても簡単なのだということ

を覚えておいて下さい。

 


http://www1.ttcn.ne.jp/~turu/sub3.htm