SNSフォローボタン

フォローする

分離という幻想から離れるワーク「あれはわたしだ」

すべての苦の原因は「妄想」を信念にしていることから生まれているようです。

その根っこのほうにある、強力な幻想が「分離」です。

神と一体、異体同心、一仏乗、ワンネス、・・・

この世は「二極の世界」で、だからこそ「苦」という体験ができるわけです。

ただもうそろそろ、このハードなゲームから上がっていいようです。

疲れたわw

ということで、ダイレクトに「分離」という幻想から逃れられそうな修行方法がのっていたのでメモ。

自分の外側に何かを見るとき、
決して自分と切り離さず、

それと溶け合いなさい。

それと一つになりなさい。
あなたはすべてと一つなのだから。
分離という考えを自分にさせないこと。

あの男を見たら、「あれは寄っているわたした」と言いなさい。

映画スターを見たら、「あれは有名なわたしだ」と言いなさい。

草を見たら、「あれはくさであるわたしだ」と言いなさい。

どこにも自分自身を見続けること。

見て「あれはわたしだ」と言いなさい。

毎日そうしていると、3ヶ月もたてば
全く違った生命、全く違った人生の姿が
見えてくるよ。

(神が望むこと P194-195)