SNSフォローボタン

フォローする

【資料】ただ存在するだけで価値がある「在る」津留晃一

自分には、何もしなくても、ものすごい価値がある。

「しやきゃいけないこと」「すべきこと」がないとしたら
いったい何をしたくなるだろうか。
それこそが「真の貢献」につながる・・・
心のなかで、すべてを手放したい。

「在る」津留晃一

 

役に立たない人間を裁いてしまう

「働かざるもの食うべからず」という価値観があります。
「何もしない人間には価値がない」という考え方です。
「その通りだ」と思われる方が多いことでしょう。
「人の役に立たなかったら生きている価値がない」
という考え方が現代の道徳律の骨格にあるようです。
しかしこの考え方の裏側の作用として、
役に立たない人間を裁いてしまう
という結果を生みだしていることも事実です。
「今、自分は充分に人の役には立っていないのではないか」
とその裏面に意識が向いたとき、
「このままではいけない」
という思いがわいてきます。

エゴを満たす思考ゲーム

「自分にはもっと人のために何か出来るのではないか」
と思考がまわり始める事でしょう。
そして、
そんな風に考えている自分を
なんだか嬉しく感じていること
に気付いて下さい。
これは思考を使って自己を満たしている想念作業なのです。
自我はこれで満たされるわけです。
三次元の人間意識の中にある人は、
こうして自己を満たすという思考ゲームを続けています。
これが地球人類のこれまでのゲームでした。

価値観を満たすゲーム

特定の価値観を握ると、
そこに満たされた思いと、
満たされなかった思い
二極を体験することが出来ます。
満たされなかった思いを満たしてやるというゲームです。
全ての価値観に表と裏という二面性があるのだ
ということを知って下さい。
どんな考え方であれ、それを受け入れると、
そこから二極の世界へ入っていくのです。
もちろん二極性の世界が悪いと
言っているわけではありません。
二極的思考になれきっている我々は、
「これこれはこうです」という話を納得すると、
その瞬間からそうでないもの
間違っている、正しくない、異質のもの
として認識し始めます。

「正しさの反対」が「間違い」ではない

ニュートラルな世界へ入っていくためには、
数学でいう「逆は必ずしも真ならず」という
発想方法を身につけて下さい。
その反対は間違ったものでも、正しいものでもありません。
ただそうであるだけです。
「あの人はこんなことを言っていたからおかしい」
という考えが浮かんだ瞬間に
「あ、これは二極思考だ」
と気付いていて下さい。
あなたの正しさに反するものが、
間違っているというわけではないのです。

「役立たず」に問題はない

であるならば
「人の役に立っていない」という状態も
別に問題ではありません。
「人の価値はその存在にある」と伝えられました。
これまで人類はこの存在の価値
あまり認めようとはしませんでした。
それは存在を当たり前と受け止め続けてきたからです。
あって当たり前と思えるものに
価値を見いだせなかったのは、
当然といえば当然でしょう。

ただ「在ること」事態にフォーカスする

健康な人が健康であることに
喜びを発見できないのと同じです。
病気の人が健康にフォーカスし始めると、
健康であること事態に喜びを見い出すようになるように、
我々は単に「在ること」事態にフォーカスし始めると、
ただ「在ること」に至福を体験できるようになります。
そしてこの「在ること」に意識を向け続けると、
その悦びの大きさに、
人はだんだん圧倒されてくるようになってきます。
あまりに偉大すぎるその「存在」に
強烈なエクスタシーを体験することでしょう。
自分が存在することの至福を体験し始めた人は、
これまで自分の抱いていた
「無価値感」という概念いつの間にか消滅
してしまっていることに気付くでしょう。

その思いはどこからやって来るのか?

「自分はもっと人の役に立つべきだ」
とお思っている方は、何か行動を始める前に、
役に立ちたいという思いはどこからやって来ているのか
その源に意識を向けてみて下さい。
「この思いはいったいどこからやって来るのか」
と内側に問いかけてみて下さい。
この尊い考え方も、ひょっとして、
エゴの欲望を満たそうとする、自己満足的活動
であったかもしれないと・・・。

純粋欲求

自我が「良いこと」と判断して取る行動は、
あくまでも純粋動機に基づく行動ではありません。
全ての「良い」、「悪い」の価値観
手放して委ねていると、
あなたの肉体を通して存在の源から
純粋な動機がわき上がってきます。
あなたの価値判断を使うことなく
それはやって来ます。
それが「大いなる一つ」の活動欲求です。
その「大いなる一つ」の欲求に
従って行動していくとき、
あなたは世界一役立つ人間そのもの
なっていることでしょう。

全てを手放し委ねきる

そんな人が「何かしないといけない」と、
不安を感じることはありません。
そんな人は、たとえ今何もしていなくても
「このままではいけない」というエゴの脅迫
たじろぐこともありません。
存在の至福を理解できる人であるからです。
そして自我を超越し、
ハイヤーセルフに委ねて生活している人が、
忙しさを体験することもありません。
全ては完全なゆとりの中で、
穏やかな環境の中で
生活が出来るようになってきます。
もしあなたが忙しいと感じているとしたら、
それは時間を焦っているということです。
もう一度全てを手放し委ねきりましょう

あなたの存在がこの宇宙を支えています

あなたは存在している事に価値があります。
あなた一人がもし欠けたとしたら、
この宇宙はその瞬間消滅すると伝えられました。
 
あなたの存在がこの宇宙を支えています。
 
たとえそれが寝たきりの障害者であったとしてもです。
あなたはそんなかけがえのない一人です。
 
何かすることがあなたの役割ということではありません。
 
寝たきりの人は寝たきりでいる事がその人の役割です。
看病をしたいというその人のために
自らその身を横たえ奉仕しているわけです。
地球を救いたいと活動している方はそれが役割です。
そんな方々に奉仕するため、
地球は病んだふりをして
人に奉仕される事を許しています。
感ずるままに地球救済活動をなさって下さい。
私は地球人類を五次元世界へ誘うのだと、
途方もなく楽しいゲームに夢中です。
感じるままにこのゲームを堪能しています。
「自分は果たして役に立っているのだろうか」
という疑問を持つこともありません。
そんなことは5%しか機能していない脳で
考えても解りっこないと悟っているからです。

思考を使わないことです

人の思考は全て表面意識に属しています。
表面意識は自我の領域です。
すなわち自分の思考とは、
全て自我の思考であるわけです。
真に人の役に立ちたいのであれば、
もう自分の思考を使わないことです。
この時あなたは超人となります。

答えを求めるという活動そのものを

どうぞ自分の存在について意識を向けてみて下さい。
積極的に、そのことに時間を割いて下さい。
「何をすべきか」と問いかける前に・・・。
存在とは何であるのか、
自分とは何であるのか、
人間とは何であるのか、
生きるとはどういうことなのか、
そしてあなたの頭で絶対に考えないで下さい。
答えを頭で探さないで下さい。
答えは単なる結果です。
答えが来ると人は満足を覚えますが、
そうするともう問いかけることを止めてしまいます。
答えを求めるという活動を通して
人は神へと帰っていきます。
答えそのものに意味があるわけではありません。
答えとは三次元的結果にすぎません。

積極的覚醒行為

問いかけて、問いかけて、問いかけて、
問いかけて、問いかけます。
それこそが積極的覚醒行為であるからです。
問いかけるという
あなたの積極的なエネルギー操作によって、
あなたは一歩一歩ハイヤーセルフに接近していきます。
しかし私がこの事をどんなに強調してみたところで、
あなたは決してこのことを実行しようとはしないでしょう。
そのことにそれほど必要性を感じないからです。
そこであなたのハイヤーセルフは考えます。
あなたの最も強く望んでいるものが
うまくいかないという結果を創ってみます。
これはうまくいきます。必ず
「あれ、どうしたのだろう。」
「どうしてこんなことになってしまったのだろう?」
と、自然に意識が内側へ向いてきます。
これこそが純粋な内側への問いかけ作業です。
それがあなたの葛藤です。
葛藤があなたの意識を高めることになるゆえんです。

存在価値の驚くほどの大きさ

あなたは「存在」です。
あなたの為す行為によって
産み出される付加価値は、
あなたの存在に付け足された
ほんの些細な価値にすぎません。
あなたの存在の価値の大きさ
たとえていうなら、
それは地球大かもしれません。
もしあなたの存在価値が地球の大きさだと
仮定してみるならば、
あなたが生涯頑張って築き上げた
功績という付加価値の大きさは、
ちょうどあなたの住んでいる
家一軒分にすぎないでしょう。
「何かすべきだ」と思うその前に、
あなたがするべき事があります。
 
それはあなたの内に初めから眠っている
自分の存在価値に目覚める事です。
 
とても簡単なことです。
それは初めからあるのですから。
 
ただ「何かしなければ価値がない」と信じている人に、
この内なる存在価値は発見できないでしょう。
ないと思っているモノは見えないからです。
 
それはあります。
間違いなくあります。
あなたがこれまで永い永い間、
外に向けていたあなたの意識を、
内側に向けることによって
それは簡単に見えてきます。
 
初めからあった自分の膨大な存在価値の大きさに、
あなたは目が眩んでしまうかもしれません。


http://www1.ttcn.ne.jp/~turu/sub3.htm