SNSフォローボタン

フォローする

【資料】挫折したのは、それが必要であったから「変化」津留晃一

何も恐れることなく、
ワクワクする方向に行動し、変化つづける。
結果がどうあれ気にしなくていい。

だってそれをすること自体が学びだから・・・


「変化」津留晃一

 

お金は何かをするための手段のひとつ

人はお金を欲しいと思います。
お金があったらあれも出来るこれも出来ると思います。
すなわち何でも出来る自由を欲しがります。
そして人は何かをする自由を元々持っており、
何かをするためにお金を手段とする方法は、
何かをするための無限の手段の内のひとつの手段すぎない事を
すっかり忘れ去っています。
何かをするのにお金が便利であることは確かですが、
ほかの多くの手段の可能性を検討することさえ、
今では誰もが忘れ去っています。
それが頑強な固まった考え方にすぎないことを、
思い出す時がやって来たのではないでしょうか?

元々あるパワー

あなたには元々パワーがあります。
全てを産み出し、形作る内在する無限の力を所有しています。
それは嘘ではありません。
宗教者のたわごとでもありません。
悟った結果、手にする特別な力なのではなく、
修行によりだんだん身についてくるといった、たぐいの力でもありません。
どんな人にも今そのままで備わっている力のことです。
それは今あなたの内にあり、
その力を失ったことなど、これまでただの一度もないのです。
その力にあなたが意識を向けさえすれば、
それが元々そこにあったことに気づくでしょう。

二人の自分

あなたという存在は、エゴと、ハイヤーセルフという2つの意識
によって構成されていると考えると解りやすいかも知れません。
潜在意識と呼ばれているハイヤーセルフと、
表面意識と呼ばれているエゴの2人で自分だと思ってみて下さい。
潜在意識をこれまで人は理解しようとしてきましたが、
エゴの頭脳で理解できるものではありません。
エゴに理解できないのが潜在意識なのです。
でも潜在意識は元々あなたの内にあります。
あなたがそこに意識を向けさえすればいいのです。
意識を向けた時、あなたはもうそこと繋がっています。
あなたの表面意識がそのことをどう考えようと、
それはその瞬間繋がっているのです。

繋がっているのだという言葉を
単に受け入れればいいのです。

その内なる力を使って下さい。
無限の潜在的可能性を持つパワーです。
あなたが創造主です。
何かをするのにお金がいる、
何をするにもお金がいる、
という考え方をそろそろ手放さなければならない時代となるようです。

お金がないと何もできない現実を作っている自分

「でも現にお金がいるじゃないか」、
「お金がないと生きていけないじゃないか」、
「お金がないと電車に乗れないじゃないか」
と人は言います。
そしてその内なるパワーを使おうとせず、
あいも変わらす何かをするために必要なお金を得るために、
自分のエネルギーを消費し続けます。
ねばならない作業に自分の魂を曇らせ、
内なるパワーをしぼませます。
お金がないと何もできない現実があるのは、
皆さんがそう思っているからに他なりません。
創造主であるあなたが、
お金がないと生きていけないと考えているからあなたのまわりに、
お金がないと生きていけないという現実を生み出しているにすぎません。
人は誰でも一方の手で変化を求め
一方の手で安定を求めています。
右手で変わる事を恐れ、
左手で変わらないことに苛立っています。
安定するために変わろうと努力していますが、この矛盾には気づけません。
本質的には変化することと、変わらない事に違いはありません。

どんな変化でもいい

進化を求める思いと、このままでよいとする心に、どちらも違いはありません。

本当にあなたはどの瞬間も

ただ単に遊んでいる神なのです。

何をしようとも、何をしなくとも、

どちらでも良いことに変わりありません。

このままでは駄目だとする思いは、あなたに変化のエネルギーを与えます。
このままではいけないという思いが、あなたのまわりに違いをもたらします。
それがプラスの変化か、マイナスの変化であるかには係わらずです。
そして人はマイナスの変化を恐れ
そうなるまいとする思いが他人を責め
自らに葛藤を引き起こします。
あなたの葛藤はあなたを苦しめ、悩ませます。
一方、あなたの努力が報われ、プラスの変化をした時、
あなたには大きな大きな喜びのプレゼントがやってきます。
これまで多くの人はこのプレゼントほしさに頑張ってきました。
それは人は
頑張って変化を求めない限り幸せになることはあり得ない
とする考え方に起因しています。

勝ち負けゲーム の末に気付く

こうしてあなたは勝ったり負けたりという
高度な人生ゲームを体験できるわけです。
しかしあなたは勝ったり負けたりでは満足できなくなります。
勝ち続けのゲームがやりたくなってくるのです。
この時あなたは意識の進化に目が向いてきます。
平安が欲しくて、戦っても戦っても平安が訪れることがないことに気づきます。
悟りの瞬間です。
あれ・・・、この三次元物質世界には安定、不変のものなど何一つないのだ。
変わらないままでいられることなどあり得ないのだと悟ります。
あなたは安定を求め続け、求め、求めて行動した結果、
安定などどこにもないのだと悟ります。
そしてこの時あなたのエゴは沈黙し、涅槃の境地を体験します。

あなたが求め続けた心の変化は、

安定などどこにもなかったのだと

気づいた時に体験するのです。

今はどんなに不安定であったとしても、
それはそれで何も問題ないことに気づきます。
このままで何も問題なしと悟ります。

三次元界は体験するための世界

宇宙は揺らぎという不安定さを使って、絶えず変化を促します。
永遠に完成することのない精妙なメカニズムです。
宇宙は完成しないが故に完全であるといえるでしょう。
このままでよいのだと何もしないでいると、
宇宙はあなたに変化を求め、あなたのまわりに不安定さを起こします
あなたはそのままではいられなくなります。
何もする必要など無いのだと思っていると、
何かせざるを得なくしてくるのです。
あなたが何か行動を起こさない限り心の安定を体験することができない
よう仕組まれているのです。
この三次元界は体験するための世界です。
あなたである神が自ら体験し、
そして創造した体験するための舞台装置なのです。
観て、聞いて、触れて体験し感じるためのステージです。

自分で「体験」するしかない

何かすることに挫折し疲れた人は、
何もしなくても良いのだという話を喜び、安心を得ます。
人から「何かする必要など何もないのだ」と聞かされて得た心の安定は、
あなたの体験ではありません。
 
人から与えられた安心はあなたに絶対的安心をもたらすことはありません
悟りたる人の話を聞くことによって得られた安心を維持しようとする思いが、
これまで宗教教団を作ってきました。
人の絶対的安心が、教祖様から与えられることなどありません。
それはあなたの体験ではないのですから・・・。
あなたが行動に挫折したのは、それが必要であったからであり、
それはもう行動することをやめよという合図ではありません。
挫折から学べという合図です。
挫折はあなたの人生の最大のチャンスです。
人は違いを求めます。
進化を求めます。
自由を求めます。
そして求めることを通して人は気づいてきます。
求めない人に気づきはありません。
そのためにこの宇宙は揺らいでいます。

求めて手に入らない事で悟る

人は求め、そしてそれが究極的には手には入らない事を通して悟るのです。
あなたという自我が求めたものは、永遠に手に入れることはできません
しかし求めなかった人が悟ることもないのです。
永遠に手に入れることができるものなど何もないのだと気づいた時、
人は何も求めなくなります。
そして何も求めなくなった時
もともと全てを持っている真我が、
あなたの内から現れてきます。
悟りの瞬間です。
あなたが元々全てを創造した本人なのです。
このままで何一つ問題がないところから創造した、
問題の世界が今ここなのです。
ここは問題の世界、あなたの人生ゲームを存分に楽しんで下さい。
あなたはそのままで何ひとつ問題ありません。
そのままで完全です。

不完全なあなたこそが、

今ここにいる理由なのですから。


http://www1.ttcn.ne.jp/~turu/sub3.htm