SNSフォローボタン

フォローする

「それに相応しい努力をする」ことで「引き寄せる」

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook

「思考が現実化する」とか
「引き寄せの法則」とは、

結局こういうことなんじゃないかな。

「現実的な楽観主義者」

著者によれば、「現実的な楽観主義者」とは、「成功を望み、それに相応しい努力をする人」。つまり詳細なプランを立て、正しい戦略を練り、成功をつかむまでへこたれず努力する人だということ。そういう人は、「目標を達成するには、相応の困難を切り抜けなければならない」と最初から思っているのだそうです。覚悟が決まっているからこそ、「自分には成功する力がある」と信じることができるわけです。

“現実的な楽観主義者”であれ。「やり抜く人」が目標達成のために守っていることとは?

https://www.lifehacker.jp/2017/08/170802_book_to_read.html

「人事を尽くして天命を待つ」でしかない

3つのパートからなる フォーミュラ(公式)

1 もっともワクワクすることを

2 能力の限り追求し

3 結果にまったく執着しない

楽しく元気で、しかもうまくいく。 そんな人生にしていきたいです。 そのためには「波動を上げる」という切り口でみてみます。 「波動が...

「人にできることをやり尽くす」

=「やりたいことのためにあらゆる工夫をする」

「天命を待つ」

=「結果は天にまかせて気にしない」

「なにをやればいい?」

=「その瞬間、もっともワクワクすることを」

=「その瞬間を、もっともワクワクするやり方で」

まとめ

意識を変えるのは確かですが、

ラクして手に入るのではなく

楽しく没頭していると、手に入っている。

という感覚なのではないでしょうか。

一歩一歩をワクワクして登る。
登っていることに気づかないような階段。

ワクワクするほうが登り方向ですね。

ありがとうございました。

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク