SNSフォローボタン

フォローする

エネルギーが無尽蔵なら「恐れ」はなくなるか

死ぬのが怖いという堅い信念

生命を維持するために食べる。

食べるために働く。

無理して働くと苦しい。

死への「恐れ」「不安」からくる負のスパイラル。

死もこわいが、本当は死なないわけだ。

それなら「食べなくてもいい」ならもっと生きるのが楽です。

自分が「食べなければ死ぬ」と信じ込んでいることに気づいた。

その観念は「真実」なのだろうか。
その観念を揺さぶる話。


長いので三行でまとめると

・そんなに食べなくてもいいと気づいた

・アイデア、情熱、エネルギーを受信できる脳に変えていこう

・「不安」の出どころにある固定観念に気づいて、書き換えよう


スポンサーリンク

もし、食べなくても良いとしたら?

「ブレザリアン」という人々

水以外口にせず一般的な食事はほとんどしないという。
「ブレス(呼吸)」だけで生きる人

http://karapaia.com/archives/52241517.html

人間は呼吸をすることによって、すべてのものに宿るエネルギーと結びついている限り、簡単になにも食べないでいることができます。3年間、夫とわたしはほとんどなにも食べずにやってきました。今はつきあいのときや、フルーツが欲しくなったときだけ、たまに食べるだけです

仙人ですね。

少なくとも、今の人間ほど食べなくてもいいんだろな。

いま、徐々に食べる量を減らしています。
歳のせいか、夏バテか、
脱メタボ対策としてですが…

それでも大して痩せないのは
私が宇宙エネルギーを吸収しているからだろうか。
(なわけない

あ~、そうか。。。
これが進化形なのか。。。

「不食」とは「希望」じゃないの

何も食べずに宇宙エネルギーだけで生きる―ブレサリアン―
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2017/07/blog-post_17.html

バシャールなどの肉体とエネルギー体の間とか、完全にエネルギー体になったら、食事はしないそうです。そりゃそうか。
(ちなみに排泄もしないので宇宙船にはトイレがない。)

特設エネルギーを取り込むということです。

食べるため、お金を稼ぐために働く必要がないわけです。
「恐れ」からくるやる気で働かなくていい。
「ワクワク」からくるやる気で貢献しあうだけでいい。

久しぶりに希望に満ち溢れる世界観だ。

エネルギー問題も解決していく

2033年までに、宇宙からの無限にある「フリーエネルギー」を取り出す技術が確率するらしい。

電気代がタダ!かな?
世界の紛争が減るんじゃないかな。
資源を求めて領地を拡大しなくていいから。
(ちなみにピラミッドはそういう装置だった)

エネルギーが無限に、直接に、
空間から取り入れられるようになれば、
動植物を殺して食べる必要もなく、
みんなが飢えなくなる。
究極のベーシックインカム!

それぞれが情熱のあることをやって貢献すればいいだけの世界。
わくわくすることをやっているだけでうまく噛み合い調和する世界。
それが寂光土。

地球で寂光土ができるらしい。
しかもあと数百年で!!

そのためには

ポジティブな人を増やせばいい。
自分の本当の情熱に気づいてそれをやればいい。

自分の奥からくる声を聞けるようにだけしておこう。

そんな夢を見た。

少なくとも、そんなに食べなくてもいいはず

鶴太郎がインド公認のヨギーになった。
いまは一日一食らしい。

これってさ、

食費が安いじゃん!!

老後はなんとかなる気がしてきた。
希望溢れる世界だな。。。

ベジタリアンに反対だったけど、まさかの容認派になりそう。
人は変わるもんだなぁ。

釈尊も知っていたろうな

1日米1粒、ゴマ1粒の断食
http://blog.livedoor.jp/miracakoto/archives/51815171.html

いまかんがえると、もしかすると
たぶん釈尊は不食でも大丈夫だったんじゃないかな。

脳の受信機能がアップデートしてアカシックレコードとつながったんだろうな。三千世界を観じられるようになった。

3000年後には不食でも大丈夫になることを知っていたが、
それまでは無理だと。私はいけるけどオススメしないよ。と。

その時までの準備をしましょう。
実相を観れるようになりましょう。
自分の固定観念の中で生きていることに気づきましょう。
ウェイクアップ!
みんなおきてー!

と言っているのが仏教なんじゃないか。

無限のものを受け取れるように許可する

つまり

生きていくためのエネルギーは
「食べ物の栄養素から取り入れなければならない」
という固定観念を持ってしまっていたということ。
そう教育されてきたということ。

そういう観念を持っている事に気づいたら、
自分の持っていた定義がかわってしまう。

「恐れ」「不安」からくる「選択」
これを減らしたい。

「情熱」「楽しみ」「希望」からくる「選択」
これに気づきたい。

生活の不安は、国家の不安。

「みんなに行き渡ると足りなくなる世界」
「先にぶんどったほうが勝ち」

不安だからそういう考えになる。

でもちがうんだ、と。

本当は「分け合えば余る」世界なんだ。

大丈夫だ。
落ち着け。
あせるな。

いま、そう自分に言い聞かせてるんだね。

まとめ

長くなりましたが、こういうことですね。

・そんなに食べなくてもいいと気づこう

・アイデア、情熱、エネルギーを受信できる脳に変えていこう

・「不安」の出どころにある固定観念に気づこう。書き換えよう。

以上です。

ありがとうございました。