SNSフォローボタン

フォローする

【脳は受信機】精神と思考と脳の関係【BASHAR】

また世界観が更新したかも。

しかもメジャーアップデート。

人間はいろんな要素が合わさっているといわれます。
それらは、心、精神、思考、いろんな表現を見ると思います。

これらの違いは何か?
心理学や脳科学で、なんとなく分離して考えられるようにしてます。

しかし!

バシャール版の解説がとてもおもしろいのです!
自分にはどうしても、しっくりくるんです。。

科学、SFの話としても面白すぎる!

瞑想やマインドフルネス、脳疲労などを勉強してみると、

【仮説】思考、ロジックを止めるといいのでは?

という方向へ進んだりすます。
飛び交う雑念が起こすノイズを沈めれば、本当に大切なインスピレーションが降りてくる、のではないか、と考えていました。

その辺はどうなのか。

今回は「バシャール スドウゲンキ」という本から
ビリビリくるインスピレーションをいただきました。

スポンサーリンク

脳はアンテナ。考えない。貯めない。

みなさんには、ハイヤーマインド、そしてフィジカルマインドがあります。

ハイヤーマインドとは、宇宙の叡智につながる、自分の中の高い意識であり、ハイヤーセルフのことでもあり、智慧、みなさんのハートの部分でもあります。

というのは一種のアンテナです。

フィジカルマインドは、顕在意識、思考、頭、ロジックと言われている部分です。そして、これは、みなさんがこの物理的な現実を体験するためにつくりだすパーソナリティでもあり、「信念、定義」「感情」「ふるまいと思考」という3つのものでできています。

衝撃の事実!(だと思う)

「脳はアンテナ」

脳は考えてない!

アイデアを受信しているだけ!

それぞれの機能でいうと、

ハイヤーマインドはコンセプト(概念)などをつくりだし(Higher mind conceives)、

脳はそれを受け取ります(Brain receives)。

そして、フィジカルマインドは、そのコンセプトが物理次元に現れてきたものを認知・認識するのです(Physical mind perceives.)。

図にしてみた

それぞれの機能でいうと、

ハイヤーマインドはコンセプト(概念)などをつくりだし(Higher mind conceives)、

脳はそれを受け取ります(Brain receives)。

そして、フィジカルマインドは、そのコンセプトが物理次元に現れてきたものを認知・認識するのです(Physical mind perceives.)

ハイヤーマインド(Higher mind)
ハイヤーセルフ(Higher self)

ハイヤーマインドとは、宇宙の叡智につながる、自分の中の高い意識であり、ハイヤーセルフのことでもあり、智慧、みなさんのハートの部分でもあります。

ハイヤー(より高いところ、高次元)かにいるマインドから
智慧とかひらめきとかアイデアとか情熱とかがやってくる。。。

そして「ハート」なのですね。

本当の心、真我というやつでしょうか。
「本当の自分」の「きもち」ですね。

それは高いところにいると。

ハイヤーマインドだけが未来を見ることができます。

ハイヤーマインドには、ものごとがこれからどのように起きるかがわかります。将来こんなことをしたいなと何かを思い浮かべているときはいつも、あなたはハイヤーマインドをつかっています

ですから、将来について見るためにはハイヤーマインドを使います。方法は、ただ自分のセンターにつながり、情熱を感じる。そのような状態にあるとき、ハイヤーマインドが自動的に見せてくれます。

「自分のセンターにつながり、情熱を感じる」
という状態になれば、
イヤーマインドにつながって
自動で「ワクワクする未来」をみせてくれる。

脳(Brain)

脳は受信機、という衝撃。
そしてすごく納得している自分がいる。。。

脳は翻訳機能だけ
脳が思考や意識を生み出しているのではありません。

脳が考えてるんじゃないんですよ。

脳が考えてると思われてる部分で受信してたんですね。

異次元の電波を、人間でもわかる低次元の信号へと変換するかんじでしょうか。

脳は必要な時に情報にアクセスできるようにつくられています。

しかし、それ自身の中に情報を保管しているのではありません。
保管しておくというより、アクセスするようにデザインされているのです。

その神経学的なしくみを使って何度も何度も情報にアクセスしていると、あたかも脳のその部分に記憶が保管されているかのように思えてきますが、そうではないのです。

先ほども言いましたが、脳はレシーバーです。

非常に複雑なアンテナのようなものです。

アンテナというものは、受診することはできても、アンテナの中に情報が保管されているわけではありませんね。

記憶はクラウド保存だったんです!

グーグルドライブ、アマゾンドライブ、エバーノート、…

すべてこれを理解するために「降ってきたアイデア」だったのでしょう。

そして脳は設定変更が可能です。

ただ、その脳の神経学的なしくみ、設定は変えることができます。
設定を変えることによって、ほしい情報にチューニングし、異なる情報を受け取ることができるのです。

アンテナの設定を変えることで異なる周波数のエネルギーを受け取ることができるのと同様です。脳はそのようなものなのです。

脳の受信機能をアップデートすれば、
アカシックレコードにつながり放題プランにも加入できるかもしれません。

虚空蔵にアクセスしたい!

フィジカルマインド(Physical mind)

フィジカルマインドは、顕在意識、思考、頭、ロジックと言われている部分です。そして、これは、みなさんがこの物理的な現実を体験するためにつくりだすパーソナリティでもあり、「信念、定義」「感情」「ふるまいと思考」という3つのものでできています。

現世での、いわゆる「じぶんらしさ」でしょうか。
「魂のチャート」でいえばオーバーリーフをかぶった仮の人格。

普通の意味で「それが自分だ」と思っているパーソナリティのことですね。

顕在意識、思考、頭、ロジック、信念、観念、定義、感情、ふるまい

いわゆる「アタマを使って考える」ときの顕在化した思考。

フィジカルマインドは、そのコンセプトが物理次元に現れてきたものを認知・認識するのです(Physical mind perceives.)。

フィジカルマインドはコンセプトを体験するだけです。
フィジカルマインドもコンセプトそのものを作り出したりはしません。コンセプトをつくりだすのはハイヤーマインドだけです。

なんということでしょう。

アタマで考えること、ロジカルに考えることは
過去の出来事を整理したり分析したりするだけで、
新たな未来の「ビジョン」にはならない。

ということです。

過去はどうだったかということを土台にして、望む方向に進む方法を見るために、フィジカルマインドも少しは使うことができます。ロジックというのも良い道具ではあります。しかし、ロジックには制限があるので、ロジックが考える未来は限定的なのです。

ですから、その制限を超えて、将来どのようにして起きてくるのか見るためには、ただハイヤーマインドに任せなければならないのです。ハイヤーマインドは、フィジカルマインドが考える未来よりもずっと素晴らしい未来を見ることができるのです。

使い分けはどういう風にしていくのか

今も言ったように、フィジカルマインドは、まさにその瞬間の現実、そして過去を見ることができます。しかし、将来ものごとがどのように起きるのかを理解したり、未来を作ることには使えません。それはハイヤーマインドの仕事です。

ですから、将来について見るためにはハイヤーマインドを使います。方法は、ただ自分のセンターにつながり、情熱を感じる。そのような状態にあるとき、ハイヤーマインドが自動的に見せてくれます。

フィジカルマインド、ロジックの部分は、ハイヤーマインドがもたらしてくれたものを認識し、その意味や教訓を学び、現実で活かすために使います。ロジックそのものがものごとを生み出すわけではありません。ロジックは情報を拾いあげるためのもので、現実を作り出すためのものではないのです。

明るい未来のビジョンをみようとするときは、

考えるんじゃない。感じるんだ!

なぜ、多くの人はロジック、頭で未来を作ろうとするのか?どうしてハイヤーセルフではなくて、フィジカルマインドだけで作るのか?

P140

なぜなら、みなさんはフィジカルマインドしか存在していないのだと信じるように教えられてきたからです。自分たちにはハイヤーマインドがあることも、そのはたらきも、どのようにしてハイヤーマインドとコミュニケーションをとればいいかも教えられてこなかったのです。だから、フィジカルマインドだけを使って未来を作り出そうとしてきたのです。それゆえに、フィジカルマインドはとても疲れきっているのです。

まとめ

・ロジックだけでは、あたらしい未来はつくれない。

・直感と論理をうまくコミュニケートさせよう。

・この新しい切り口で、もいちど世界を観察してみる。

自分のアイデアの出し方、人の悩みの聞き方など、視点をバージョンアップして、より深く、より新鮮に観察していきたいと思います。

サンキューバシャール!

スドウゲンキの知識とギャグをぶっこむハートの強さに脱帽です。

良い質問しますね~

これはタレント本じゃないです。
読んだほうがいいです。

最後までありがとうございました。