SNSフォローボタン

フォローする

ポジティブな人、ネガティブな人の特徴

ポジティブで前向きな人には
単純な人が多く


ネガティブな人には
複雑で深い人が多い

その理由とは?

ふたつの観念の、最も大きな違い

ふたつの観念の、最も大きな違いをお教えしましょう。

ポジティヴな観念は、「現実は幻想かもしれない。それなら、もしかしたら変えられるかもしれない」という可能性に気づかせてくれます。

一方ネガティヴな観念は、「自分が物質レベルで体験していることは確固として現実なので変えることはできない。もし変えるとしても、とても難しい」と信じ込ませます。

そう信じ込ませるために、ネガティヴな観念の構造は、ポジティヴな観念よりも非常に複雑で多面的です。「これが現実だ」と信じ込ませるにはいろいろなトリックが必要だからです。

「未来は、えらべる!」p17

この文は、ちょっとSFなのでわかりずらいかもしれませんが…

複雑に考えすぎていた

自分は「複雑に考えすぎていた」と気づきました。
ちゃんと論理的に考えること、理由が言えることが絶対大切だ。
というような観念を持っていることに気づきました。
考えすぎることによって、逆に、ネガティブのトリックに引っかかってしまう。
簡単に言うと「考え過ぎ」だという(笑)
自然の中で瞑想する
みたいなことのほうが、
自分らしく生きるとか、
宇宙のサポートの流れに乗るために
必要なことなんじゃないか?
そんな風に気づきました。

 考えすぎると、退屈する。

 複雑に考えすぎるようになると、

それまで楽しかったものもつまらなくなります。

退屈しないためには、まず

「楽しい」を「受け取る土台」をつくること

が大切なんだなと。

生活のバランスとか。

バランスの取れた観念とか。
偶然コンビニで見つけたこの本からも
ビシビシメッセージが来ていて、
シンクロニシティ~!