SNSフォローボタン

フォローする

「感謝」で気分が上がらない場合

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook

今朝、目が覚めて、

「ああ、今日も目が覚めた。

 もう一日生きていられるんだな。」

と思った。

あ、これ、奇跡だ。

「世界には奇跡しかない」

それは知っていたこと。
理解していたこと。

でも今はそれを「感じる」ようになってきた。

そんなかんじで「感謝」を観じる練習をしてるわけですが、
なんか最近、手のひらがあったかい。
ねむいのかな。
なんかヒーリング能力でも出てくればいいのにな~

「感謝」で気分が上がらない場合。

自分もこれ。(だった)
それは感謝を「理解」しているだけだったんだなと。

感謝をどう観じたら、気分が上がってワクワクするのか?
それがむずかしい。

例えば、吸っている空気。
その空気は宇宙のなかで他に見つけることはほぼ無理なもの。
太陽との微妙な距離、地球の絶妙な組成、があってはじめて出来上がるその空気。マジ奇跡。

その空気が「自分のために作られたもの」だということに気付くこと。
それだと思ったんですよ。
そこなんですよ。
マジ感謝。

たとえば、家系ラーメン。美味いな~
宇宙が、地球が、動物が、植物が、人間が、自分のために作り上げてくれたんですよ。自分のために宇宙が!
マジ感謝。

なんとなく出会ったわけじゃなくて、
神仏、宇宙、大いなる存在、そういうものが
自分のために作ってくれた。

えー!いいんすかー!
わざわざ?
まじすかーw

そう思えるようになると、アガる。

「当たり前」なことがすべて「奇跡」だということを
理解するだけだと、魔法が発動しない。

その奇跡を「じぶんごと」に観じていく。
自分宛に来た奇跡であることに気付く。

あー、これすごい悟りだわ。
(本に書いてあるんだけどw)


It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク