SNSフォローボタン

フォローする

【信仰】自分より価値のある絶対的な何かという矛盾【アップデート】

絶対的に価値がある「何か」だとしても、
決して自分よりそれが優先されるようなものは何もない

必ず、自分と同じ位置でなければならない。

何故なら、自分より「何か」を優先する行為は矛盾に満ちているから。

自分を大切に出来ずに、他の何を大切にしたとしても、それは嘘になる。

「迷いを断ち切るために内なる革命家を目覚めさせる。」
【加藤由迦オフィシャルメールマガジン】1月30日

なるほど!そして言語化ですっきり!

なにか絶対的な「神仏」を崇め盲信して、
そのために自らを犠牲にしていくという古い(誤解された)宗教観から、
もっと本質的で納得感のある宗教観へアップデートしよう。

そう思ってきたはずたけど、こうやってロジカルに言語化してもらえるとスッキリすんだね!

宗教はむしろ、

「絶対的な存在との一体感」

がゴールなはず。

ということですよね。どんな宗教でもいいけど、自分を神と同じくらい大事にね。一体だから。

・ニートだろうが、仕事ができなかろうが、何ができなくても、自分の存在価値は揺るがないという確信をもつこと。(仏性)そして周りの人もそうであること。(悉有仏性)

・自分で決めて歩くこと。ちゃんと失敗すること。(目的論)(自灯明)

・肉体は死ぬが、魂は死なない。死の恐怖に踊らされない。

・人それぞれ別の宇宙に生きている。他人と比べる無意味さを確信すること。(課題の分離)

・物質界は方便(訓練場)でしかないことを観じること。真善美も方便、成功も失敗も方便であり、存在しない。好きにチャレンジしよう。

・死ぬこと以外はかすり傷。死ぬことすらも無傷。

とはいえ、

すべての苦しみは勉強なので、どんなに回り道してもOK!

神、仏、宇宙、なんと呼んでもいいけど、それはでっかく包んでくれてるから。