SNSフォローボタン

フォローする

【アドラー】一緒にいたい人ってどんな人?

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook

自分を愛してくれる人といっしょにいたい。

では自分を「愛してくれる」とはどういうことなのか?

やさしくすること?

ではやさしいってなに?

みたいなことを延々と考えたりするよね。

「ほんとうの愛とは?」

いろいろな言い方があると思いますが、アドラーは明快でわかりやすくていいです。

人は
この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える
と思えたとき、愛を実感することができます。
劣等感を抱くでもなく、
優越性を誇示する必要にも駆られず、
平穏な、きわめて自然な状態でいられる。
ほんとうの愛とは、そういうことです。

アドラー心理学

  • 自分が自分らしくあること
  • 相手が相手らしくあること

これを願い、そうなるようにする行動が「愛」ということでしょうか。

仏教では「仏性礼拝行」(ぶっしょうらいはいぎょう)というのがあります。

仏性とは「仏になる可能性」=「無限の可能性をもった尊い存在」という感じの概念。

相手の仏性を拝む」とは

相手の存在そのものをリスペクトしますと伝える行為」だと解釈してます。

つまり

「あるがままのあなたを尊敬します」

それが 愛 なんじゃないかと思います。

そう言ってくれる人がそばにいたら、なんだか元気が出ませんか?

よーしじゃあ、自分らしさをいかして、何かしたいなぁ!

みたいな元気がでてくるような、

そんな人になりたいです。

「そばにいると元気が出る人」に

わたしはなりたい。

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
スポンサーリンク