SNSフォローボタン

フォローする

【心理】人の話を「よく」聴くということは どういうことなのか

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook

HEAR

まさに同じことを10代から気をつけてやってきた。これは同感。

「人の話をよく聞くだけで、人生は好転する、という話。」

自分がやってたこと

・「相手の良いとこ探し」

19歳の浪人時代のころに完成したワザ。

欠点はみんなみえてるけど、隠れた長所は本人も気付いてない事が多いから。

・「相手の世界に入り込む」

その人の価値観から見える世界は自分のものとはちがう。
その世界にいれば、そう感じてそう考えるのは当然。

同情 < 共感 < 相手の世界に入り込む

「相手の脳にダイブする」とか言ってましたね。攻殻機動隊好きなもんでw

もう意識してないけど、会話がうまく行ってるときは、たぶんやってるんでしょう(笑)

「君は、人の話を「よく」聴くということがどういうことなのか、きちんと理解しているかね。「よく聞く」と「聞く」は、違う。」

皆の顔に?のマークが現れる。

誰かが言った。

「傾聴しろということですか?」

「傾聴ではない。傾聴は「聴いているだけ」だ。「よく聞く」とは異なる。」

「……」

「よく聞く、とは2つのことを含んでいる。一つ、相手の尊敬できるところを見つけること。相手の良いところは本当に一生懸命探さなければ、決して見つからない。見つかるまで相手の話を聞いているかね?」

先生は続ける。

「二つ目は、相手の気持ちに「なる」ことだ。相手の話を理解するのではない。話を聞いて、わかったと思うだけでは「よく聞いた」ことにはならない。相手と同じ気持ちに「なる」事ができるまで聞くのが、「よく聞く」だ。」

「人の話をよく聞くだけで、人生は好転する、という話。」

http://blog.tinect.jp/?p=38673

アドラー心理学ではこんな言葉があります。

共感とは、
「相手」の目で見、
「相手」の耳で聞き、
「相手」の心で感じることだ。

アルフレッド・アドラー

相手を「理解する」というその先の

相手の「感情を感じる」というところまでいかなければ共感ではない。相手に憑依する、なりきる、という感覚に近いかもしれない。そこまでいってやっと、相手の感情の出処がわかってくる。

ちなみに役者は憑依体質な人が多いとか。その役になりきる能力がすごい。

その役の目線で動くならこう、話し方はこう、そういうプロファイリングみないなものが深いほど「乗り移ったような」役柄を演じられるのではないでしょうか。

なぜ相手になりきる必要があるのか?

相手の「感情」ではなく、その感情の「出どころ」を発見するためです。

  • なぜそこまでうれしいのか
  • なぜそこまで怒っているのか
  • なぜそこまで悲しいのか
  • なぜそこまで楽しいのか

喜怒哀楽の源を見つけるためです。

相手の世界からその原因を観たときに、同じ感情が沸き起こる。そうなれば共感は成功。

一緒になって喜怒哀楽する。すると

「ああ、この人はわかってくれた。自分は孤独じゃない」

と安心してもらえる。元気になるきっかけにしてもらえる。

そこまでくれば、ほとんど相談は完了。

徐々に元気になってきて、本来自分が持っていた答えに気づき始めます。

自らの心を熱心に探せ。
その中から命の泉は出ずるからである。

アルフレッド・アドラー

そして「次の最初の一歩」まで明確になったらカウンセリング?終了。

「相手の感情のみなもとを探す」という秘訣にきづけば、相談相手を元気づけられる人になますよ。

相手が重度の脳疲労の場合は無理ですが。

It's only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク