SNSフォローボタン

フォローする

鵜呑みにしない! 「カラマ・スッタ」

仏教が好だな~と思うことの一つに、「簡単に信じてはいけない」と自分で言っちゃってるところがあります。

盲信を戒めているかんじ。しびれますね。

カラマ・スッタ

  1. 人から聞いたというだけの理由で信じてはいけない。

  2. どんな伝統も、ただそれが古いからとか、何代も受け継がれているからとか、多くの地域で受け継がれているからというだけの理由で信じてはいけない。

  3. 噂になっているからとか、人々がよく話しているからという理由で信じてはいけない。

  4. 昔の聖者が書いた教えを見せられたからという理由で信じてはいけない。

  5. 自分が思い描いたことを、それが尋常でないことだからといって、神や素晴らしい存在によって啓発されたのだと信じてはいけない。

  6. ありそうなことだからとか、長年に渡る慣習のため真実らしいというだけの理由で信じてはいけない。

  7. 何事も教師や司祭の権限だけの理由で信じてはいけない。ただ、よく吟味熟考した上で理性と経験によって承認できること、善いこと、自他共に、また世界全体に恩恵をもたらすことを真実であると受け入れ、その真実に則ってあなたの人生を送りなさい。

思考停止を戒める、まさに哲人的なものでいろという。

こういくことが組織の文化として根付いていないと必ず形骸化すると思います。

ただ、自分の宗教の教義を疑うとか正気の沙汰ではございませんよねw

自立した信仰ができるようになってからにしたほうがいいかもしれなません。

いや、疑うわけじゃないのか。ちゃんと試してから信じろよ、とおっしゃってるようです。

同様の考察が、彼の教えにもなされなくてはならない。と仏陀は言う

「私の教義を私への尊敬のために受け入れてはならない。

先ずそれを自分で試してみなさい。

金は火によって試されるのだから」

超かっこいい!